スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走のパピズ

10月のはじめから恒例の下痢が始まったパピズ。幸助はそれでも1ヶ月で落ち着いたものの、、。福さん。
最初の1ヶ月はランフリーよりもウンチの状態が良くなる日清のJPスタイルゴールドで何とか騙し騙し切り抜けていたものの、11月のはじめに強力な下痢がスタート。医者で抗生剤を飲ませても下痢止めを飲ませても、便の様子は明らかに良くない、、。真っ黒でこちこちのものか、全体をゼリーのような半透明のもの(腸粘膜と思われる)につつまれたものかのどちらか。薬の効果だけで何とか持っているだけなので、当然やめるとすぐに水状の下痢、、。
検便総数10回以上、血液検査や食事療法(獣医指定のRC消化器サポート)など指示される事はすべてやった。
セカンドオピニオンも聞く必要を感じたので医者も変えて話を聞いた。セカンドオピニオンを求めた医者は、かかりつけよりもかなり多量の下痢止めを飲ませる事を勧めた。
明治デルクリアー(用法:5キロ未満の犬に対して1/2錠/1日2回)の処方だけでも、最大量1日2錠×3を指示。
(最大量で実に6倍の指示)
副作用の心配をする私に対して「私は獣医ですから、大丈夫です。という簡単な返事。色々と調べたが特に目立った副作用はない薬なので心配ないのか、、。でも、最大6倍、、。。
それでもバイトから自宅に帰るたびに下半身まっ茶色でお出迎えの福の症状を抑える為には仕方ない、、と指示通りにこそはしなかったが通常の4倍程度の薬量を、様子を見ながら飲ませた。
療法食とデルクリアーの3-4倍量投与で、一時的には良くなったが、便は相変わらず真っ黒のコチコチ便かゼリーにくるまれたようなもの、、。薬の量を減らすとすぐに水様便に戻る、、。
このまま症状が改善されなかったら内分泌疾患の可能性が高いので、麻酔をかけての精密検査の必要がありますと聞いたときには目の前が真っ黒になった、、。
大阪では最高の水準の獣医を紹介するから考えておくように言われ、、。ホトホト困ってボーっとしていた。
何気にいつものブログ周りをしていて、、美パピーズのブログでの夏見さんの12/11の記事(特に太字部分(^^;))に殴られたような衝撃を受けた。

便の状態が悪い→ビートパルプの配合されたフードに変える→薬→さらに脂肪を絞った療養食に変える→検便で「食べモノが全くの未消化で出ています」と言われる→福さん激やせ(9月→12月で400グラムダウン)→福さん、餓鬼のように飢えて一層がつがつとフードを食べる→消化しきれず規定量以上の薬を飲ませても多量の下痢→寝ていることが多くなる→毛づやが悪いし、冬だと言うのに毛量が増えない→大好きなお散歩にも連れて行くのが心配になる→福さん、飼い主ともにストレスMAX、、。

これだけの悪循環の中私は、自分で何かを考えたただろうか?
セカンドオピニオンを求めた医師も、かかりつけ医とほぼ同じ指導をしたので、投薬と、RCの普段よりもずっと大きな食べにくいフードをあごの力の弱い福さんに与え続けていただけだった。
余りにやせてきたので、ゆでささみを与えたら、恐ろしい下痢になり医師に凄く怒られてそれ以来フード以外のものを与えなかった、、。

もしも、人間だったら?お腹を暖めて、絶食。落ち着いたら消化のいいものから与えて、、。そう、まずあげるのは、おも湯か、おかゆだよね。
指導されてるのは獣医指定フード、、。成分中多い順から、、。米、、コーンフワラー、家禽肉、コーングルテン、コーン、ビートパルプ、、。
犬はもともと肉食。飼いならされた今でも、コーンの消化はかなり苦手なはず。そして消化吸収されるものではないビートパルプ。本当に消化にいいものっていえるんだろうか、このフード。
それでなくともBHAが気になって仕方ないのに、、。

福さんの下痢の原因、、もともとのきっかけは何だったか解らない。でも、現状は水下痢状態を規定量の倍以上の薬で固めているだけ。しかも消化しきれないから便の量が多く、最初は固まっていても最後の便は泥状。これだけの薬を飲んでいても、、。しかも麻酔をかけての原因究明?冗談じゃない。どうして自分はそれを受けようとしていたんだろう。
違うよ。
まずはフードや硬いものを一切やめて本当に身体に優しいものだけをさらに柔らかく調理して、ミキサーにかけてペースト状にしてみる。それを本当に少しだけ与えてみる。薬は規定の量の4倍で症状を抑えていたので2倍まで減らす。
食後2時間後くらいに、福さんが、たまごちゃんを持ってきた。投げて、遊んで、って。いつ以来だろう。
最近ずっと、カートの中で丸くなっていた。

程なく、ウンチが、、きれいに固まった。ゼリー状も真っ黒コチコチもない。
健康ないい状態、、。思わず涙が出た。
ごめんな、福さん。君の身体はちゃんと消化できるのに。寒さで弱った胃腸に、ドライフードが辛かっただけなのに、ママはさらに消化できないものの入ったフードを与えていた。しかもそれも量を絞り他に何も与えず、、。
それさえ消化できなかったらどれだけ、君の身体は辛かっただろう。
飢えて飢えてあっという間にふわっと軽くなってしまって。

獣医師の言う事、それはセオリーだけどどの子にも当てはまる事じゃない、、。
うちの子だから、私が責任を取るなら、医師の言いなりにならなくてもいいんだ。
ごめんな、福。わたしそんな簡単な事に気付かなかった。

more...

スポンサーサイト

theme : パピヨン
genre : ペット

フリーエリア
プロフィール

☆えみりん♪

Author:☆えみりん♪
初めまして!2パピズと息子とのおちゃらけた毎日を綴ります。
ヨロシクね♪

リンク
最近の記事
いくつになったの
いくつになったの
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。